組合事業
  • 第22回少年少女渓流マス釣り体験
  • 第21回少年少女渓流マス釣り体験
  • 第20回少年少女渓流マス釣り体験
  • 第19回少年少女渓流マス釣り体験
  • 第18回少年少女渓流マス釣り体験
第19回少年少女渓流マス釣り体験
主催:(公財)日本釣振興会 大阪府支部
後援:大阪釣具協同組合
釣場:大阪府高槻市・芥川 清・渓流マス釣り場
4月7日(土)に、(公財)日本釣振興会大阪府支部主催の事業「少年少女渓流マス釣り体験」を、大阪府北部の「芥川 清・渓流マス釣り場」にて行いました。
子供たちに自然と釣りに触れあってもらいたいとの主旨で行われるこの事業、今回で22回目の開催となります。
毎年春になるとマス釣りを楽しみにしている子供たち、また、釣りも魚を触るのも初めて、という子供たちなど84名が参加しました。
前日の雨で釣り場はササ濁りではありましたが、日が差すとニジマスの活性が上がりあちこちでウキが沈み、竿が曲がり、歓声が上がりました。
また、子供たちには指導員が釣り方の基本から、ちょっとしたテクニックも教え、終了間際の12時前まで止まることなくニジマスが釣れ続きました。
その後、子供たちは川原でお弁当タイム、そして川原のごみを拾って春の楽しい一日を過ごしました。

【第22回少年少女渓流マス釣り体験】 (公財)日本釣振興会大阪府支部と大阪釣具協同組合が「児童・養護施設の少年少女を対象に自然と魚とのふれあいを通じて健全な精神を育成するための一助としたい」との主旨で始めた釣り振興事業のひとつ。
毎年、大阪府高槻市にある「芥川 清・渓流マス釣り場」と、近畿へら鮒釣会連合会の協力をいただいて実施されています。
今回は大阪府下の6施設の子供たち84名に付添21名・計105名に参加してもらいました。
芥川漁業協同組合 TEL072-688-0224