組合事業
  • 大阪湾チヌ稚魚放流
  • 大阪湾チヌ稚魚放流
  • 大阪湾チヌ稚魚放流
  • 大阪湾チヌ稚魚放流
  • 大阪湾チヌ稚魚放流
  • 大阪湾チヌ稚魚放流
  • 大阪湾チヌ稚魚放流
  • 大阪湾チヌ稚魚放流
  • 大阪湾チヌ稚魚放流
大阪湾チヌ稚魚放流
チヌ、ガシラ(カサゴ)、キジハタの稚魚を大阪湾に放流
大阪湾稚魚放流事業
日時:2020年9月24日(木)
場所:岸和田~泉大津~堺新港~大阪南港~大阪北港(新島)
(公財)大阪府漁業振興基金、近畿大学 水産養殖種苗センター、大阪釣船業協同組合などの協力のもと大阪湾稚魚放流事業を9月24日(木)に実施しました。
4隻の船の協力のもと、チヌ2,000尾(10cm)、ガシラ(カサゴ)18,000尾(7~8cm)、キジハタ4,300尾(平均約16cm)を、 岸和田、泉大津、堺、南港および北港方面での放流。
当事業には(公財)日本釣振興会大阪府支部より8名、大阪府釣り団体協議会より13名、大阪府釣りインストラクター連絡機構より4名、総合学園ヒューマンアカデミー大阪校より8名の計31名が参加。
運搬車から船への稚魚運搬、そして海上での放流に協力いただきました。
放流事業のあと、常吉大橋周辺の清掃も同日、行いました。
主催:(公財)大阪府漁業振興基金、(株)アーマリン近大、(有)瀬戸活魚センター、大阪釣船業協同組合(ヤザワ渡船・たまや渡船・夢フィッシング・岸和田渡船)、JOFI大阪(大阪府釣りインストラクター連絡機構)、総合学園ヒューマンアカデミー大阪校、大阪釣具協同組合